border

ご挨拶

時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平成29年を迎え、東日本大震災より6年が過ぎようとしています。
当会は、6年前の東日本大震災をきっかけにSNS等を通じて集まった有志が
「東北の震災復興と郷土静岡の防災意識の啓発」の為に、 ボランティアでイベントの開催活動を行っております。
平成29年3月13日には第6回目となる「防災フェスタinしみず2017」を、JR清水駅みなと口広場において開催し
多くの方にご来場いただきました。
過去5回に続き被災された子供たちのへの寄付と地元静岡で災害救助犬の育成をされている災害救助犬静岡へ、
このイベント開催による運営費の一部と会場内での復興募金を寄付させていただきました。
そして震災を忘れることなく地域防災の啓蒙の為の継続事業として平成30年3月11日(日)に第7回目となる
「防災フェスタinしみず2018」(会場:JR清水駅みなと口広場)を開催させていただきます。
多くの方に来場していただき東日本大震災からの学び、震災復興と犠牲者への鎮魂に加え
郷土に住まう地域住民の防災意識を高めてもらい、いざという時に自分、家族、周りの人を救うための
「自助、共助、公助」について考えていただくきっかけになれば幸いです。
震災から6年が過ぎ私達の記憶から薄れつつある中、当会として今年度は防災啓蒙活動の頻度を高めてまいります。
年に1度の防災イベントを開催するだけではなく想定される東海・東南海地震や災害に備え、
私達市民自らが率先して防災についての知識を高めていく為の活動として静岡市内各地で防災講座や研修など
防災に関する様々な事業を市民団体や行政と協力して定期的に行って参ります。
何卒防災フェスタの主旨をご理解いただき、ご支援ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
敬具
防災フェスタinしみず2018実行委員長 櫻田 昌隆