ホリデイ・トレッキング・クラブ

防災フェスタinしみず2014終了しました!
多数のご来場誠にありがとうございました。
防災フェスタinしみずは、防災と復興を考え、大切な「いのち」を守るために、学び・体験する、静岡・清水から全国をつなぐイベントです。




topbg_top.png

平成26年3月吉日

防災フェスタinしみず2014開催報告書

平成25年度 防災フェスタ実行委員会 会長
         (防災フェスタinしみず2014実行委員長) 伊藤 高義

拝啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、3月9日に開催されました「防災フェスタinしみず2014」におきましては、一方ならぬご協力を賜り、誠にありがとうございました。お蔭様で天候にも恵まれフェスタも盛り上がり、事故もなく無事に終了することができました。これもひとえに皆様のご理解とご協力の賜物と、実行委員会メンバー一同、心より感謝申し上げます。今後も、静岡市民・県民の防災意識を高め一人でも多くの命を救う為また東北の一日も早い復興を祈念するイベントとして、より多くの方に愛されるよう長く続けて参りたいと考えております。次回開催の折も本年以上のご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。皆様方のますますのご健勝を心よりお祈り申し上げ御礼とさせていただきます。

敬具

実施内容
 3月9日、JR清水駅みなと口にあるイベント広場を会場として第3回目となる「防災フェスタinしみず2014」を開催いたしました。今回も多くの方にご参加頂き、防災意識を高める為、清水湾岸署や地元消防団の協力のもと特殊消防車両や地震体験車等、複数台の展示を行いました。また自衛隊による東北での支援活動の紹介、車両展示、そして災害救助犬による実演などを行いました。また、震災が起こった14時46分には会場にいるすべての方々が手をつなぎ黙祷を行うハンドレクイエムを実施し約600名の平和を願う輪ができました。その他、会場内ではAEDや人工蘇生などの身近な応急手当の体験会やしぞ~か防災かるた会、東日本大震災のボランティア活動から得た教訓や東北からのメッセージ等を学べる講座も開きました。一方、防災一色にならないよう、地元で活躍する音楽グループを中心としたステージや出店企業による防災関連商品の展示、食事を楽しめる屋台や東北関連物販など、会場にこられた方に学び、そして楽しんでもらえるイベントになりました。また次年度ポスターデザイン画の公募を行いましたが応募いただきました作品の展示投票も行いました。

●実績
○来場者数 約8,000名(定点観測による来場者数カウントでの集計)
○費用内訳
 収入 前回繰越準備金:170,761円 広告協賛:250,000円 協賛:353,220円 募金:10,209円 利息:17円 合計:784,207円
 支出 会場費:521,690円 ポスター・チラシ次年度準備金:100,000円 
寄付金:160,000円 雑費:2,517円 合計784,207円

○当日のボランティアスタッフ 約100名
○出店協力 飲食屋台:6店,東北関連物販:2店
○後援団体
静岡県,静岡市,静岡商工会議所,(公益社団)清水法人会,静岡市教育委員会,
協賛企業
KAZ企画、清水銀行、清水リース&カード、百年住宅、明治安田生命
○協力団体(順不動)
静岡県立大学、静岡2.0、チームつながり、bonds、谷口たもつ、保坂徹、田中茂、県立桜ヶ丘高等学校、静岡市湾岸消防署、静岡市消防団清水第1分団、第9分団、第14分団、女性部、防衛省自衛隊静岡地方協力本部、特定非営利活動法人 災害救助犬静岡、清水運送、静岡県トラック協会清庵支部、カネイ水産、
ステージ出演
JGandLachesis、パフォーマンスディアボロ&カンテラ、マウロ・ア・フラスタジオ、スナイパーMs、ファミリーバンド村カン、爆音戦隊スンプレンジャーPEACE、松下俊恵
○取材報道機関
 静岡新聞社、中日新聞社、中日ショッパー、しみず毎日、ベイプレス
 静岡放送テレビ・ラジオ、テレビ静岡、静岡第一テレビ
 FMハイ、FMマリンパル、
○ 防災フェスタinしみず2014ホームページ

http://www.bousai-festa.net/

以上



第5回防災フェスタ(2016年3月開催予定)のポスターデザインイメージ画を募集します

平成26年10月

防災フェスタ実行委員会


応募された作品は平成27年3月8日(日)に開催されます防災フェスタinしみず2015(JR清水駅みなと口広場)会場内で展示しお客様の投票により次回開催予定の第5回防災フェスタ(防災フェスタinしみず2016)のデザイン画に採用させていただきます。

※但し応募者多数の場合は平成27年2月18日開催の防災フェスタ実行委員会にて一般の部20点、小学生以下の部20点に絞り込みさせて頂きます。

募集要項

用 紙:四つ切サイズ(542mm×382mm)もしくはそれに準じる大きさでデザインは横

で必ず統一してください。

 イベント名称:防災フェスタinしみず2016(仮)

 メインテーマ:東日本震災復興へのエールと静岡県民の防災意識を高めよう

 キャッチコピー:「つながる手 つながる命 しみずから」

 締 切:2015年1月31日(到着分まで)




応募にあたりご了承いただきたいこと

• 色数に制限はありませんが、高精細DTP印刷機で出力するため、色合いなど作者の 

   イメージとは若干の違いが出ることやポスターにデザインをはめ込む際にサイズ変更や多少のレイアウト変更を行う事もありますのでご了承ください。

• ※金・銀・蛍光色は不可。

• ※応募作品のうち採用が決った作品は次年度の防災フェスタのデザイン画として採用さ  

     せていただきます。著作権・使用権は防災フェスタ実行委員会に帰属させていただきます。謝礼はありませんが次回開催防災フェスタステージにて表彰、感謝状を授与させていただきます。

応募方法

別紙応募用紙に氏名・連絡先電話番号・メールアドレス等必要事項を明記のうえ、

1・現物(スキャニングするため折り曲げ厳禁)またはUSBメモリー等の記憶媒体を郵送の場合は、〒422-8036 静岡市駿河区敷地1-9-10 ㈱エスピーエスたくみ内 防災フェスタ実行委員会事務局 「防災フェスタポスターデザインイメージ画」係りへ

2・PDFファイル等にデータ化してメールで送信の場合はinfo@bousai-festa.net(件名に防災フェスタデザイン応募と明記してください)

2の場合、データの送信とは別に出力見本も事務局宛てに郵送またはFAX(054-238-2177)してください。

以上
防災フェス2014_A2ポスター協賛あり_01.jpg

防災フェスタinしみず2014 概要

平成25年11月21日
防災フェスタ実行委員会・会長  伊藤高義

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
当会は、「東北の震災復興と郷土の防災意識啓蒙」の為、SNSであるFacebook等を通し集まった仲間が、ボランティアで活動を行っております。本イベントは、東日本大震災の日を私たちの記憶にとどめ、犠牲になられた方々へ鎮魂の意を表すと同時に、現実に向き合う被災地の方々の苦難を共に分かち合い、復興のために我々市民として今できることを考える場を提案し、やがて来る東南海沖地震に備え市民ひとりひとりの防災意識を高めて行くことを目的としています。
その第1回目として、東日本大震災のちょうど一年後である昨年3月11日JR清水駅みなと口広場において「しみず防災フェスタ2012」そして今年3月10日に第2回目「清水防災フェスタ2013」を開催いたしました。静岡市、静岡市消防、地元消防団、自衛隊の皆様はじめ多くの出展団体のご協力を得られ、毎回約12,000名もの多くの方にご来場いただくことができました。そして、今回は名称を「防災フェスタInしみず2014」と改め「郷土の防災を考える」を主なテーマに捉え開催する為準備を進めております。このイベントではFacebook等を中心にボランティアによる活動と趣旨にご賛同いただける皆様方のご支援にて運営しています。フェスタ以外には毎月いざというときでも身近で役に立つ応急措置やAED使用方法など防災啓蒙に繋がる講習会等も行っております。何卒ご理解いただきご協力をお願い申し上げます。尚、このイベントの収益金(募金活動を含む)は例年同様に被災地の復興支援並びに防災活動を行う団体等へ寄付させていただきます。

topbg_bot.png

主催/防災フェスタ実行委員会
後援/静岡市,静岡商工会議所、静岡市教育委員会、社団法人 清水法人会

qr.jpg防災フェスタ実行委員会
事務局
TEL:054-238-2188

静岡市駿河区敷地2-9-10 
(株)エスピーエスたくみ内